現役ナースが教える!アンチエイジング・健康長寿・妊活のミカタ【ルイボスティー】の専門サイト♪

ルイボスのひみつ

効果・効能

【知っ得】ルイボスティーvsウコン、どちらが二日酔いに効果的?!

更新日:

ルイボスティーvsウコン、どちらが二日酔いに効果的?!

お酒を飲みすぎた翌日に、吐き気や頭痛のような不快な症状が出ることを「二日酔い」と呼びます。つらい症状ですし、仕事に集中もできないので「なんとかしたい!」と思う人も多いでしょう。

二日酔い防止のためにウコンやヘパリーゼのようなドリンクを飲む方もいると思いますが、「味が好きになれない」「つい飲み忘れてしまう」なんてこともありますよね。

そんな人は、二日酔い防止のためにルイボスティーを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?実は、普段からルイボスティーを飲んでいる方は、二日酔いになりにくいといわれているのです。本記事では、二日酔いの原因や二日酔いになりやすい人の特徴、ルイボスティーが二日酔いに効く理由についてお伝えしていきます。

普段の生活にも取り入れやすい、ミネラル豊富な美味しいルイボスティーを飲んで、お手軽に二日酔い対策をしていきましょう!

そもそも二日酔いになる原因とは?

頭痛や吐き気といった二日酔いの不快な症状を「なんとかしたい」と思う人は多いでしょう。しかし、そもそも二日酔いになる原因はなんなのでしょうか?まだ解明できていない部分も多くある「二日酔い」ですが、二日酔いの原因とされている事象をまとめました。

原因1.肝臓でアセトアルデヒドを分解しきれない

アルコールを飲んだ後、アルコールは肝臓で分解されます。肝臓に入ったアルコールは、まず「アセトアルデヒド」と呼ばれる物質に分解されて、さらに「アセテート」に分解されます。アセテートは、血液と一緒に全身を巡りながら水と二酸化炭素に分解され、最終的に汗や尿として排出されるのです。飲んだアルコールの量が、肝臓の分解能力を超えていなければ、問題はありません。アルコールは、肝臓でスムーズに分解されて、最終的に体の外に排出されるでしょう。

しかし、肝臓の分解能力を超えてアルコールを飲みすぎてしまうと、「アセトアルデヒド」の分解が追いつかず、分解されないまま血中に戻されてしまうのです。「アセトアルデヒド」は、実は、タバコの煙にも含まれるような有害物質。そのため、毒性の高い「アセトアルデヒド」が血中を駆け巡ることで、胃もたれや吐き気、頭痛や胸やけといった二日酔いの症状が現れるといわれているのです。

原因2.脱水症状によってアルコール分解能力が低下

アルコールには利尿作用があるため、アルコールを飲むと飲んだ以上の水分が失われてしまいます。アルコールで喉が潤い、水分を取った気になってしまうかもしれませんが、身体は脱水状態に陥ってしまうのです。アルコールを飲んで水分が排泄される時、身体に必要なミネラルなども一緒に排出されてしまいます。そして、身体は水分不足だけでなくミネラル不足にもなってしまうのです。

ミネラルは肝臓の働きをサポートする大切な栄養素。ミネラルが不足した身体では、肝臓の働きが衰えて、アルコールの分解能力も低下してしまいます。アルコールの分解能力が低下すればするほど、アルコールが分解しきれずに二日酔いは長引いてしまうのです。不快な症状に悩まされる「二日酔い」は、このような悪循環が原因なのですね。

二日酔いになりやすい人の特徴とは?

同じ量のお酒を飲んだはずなのに、二日酔いにならないという人もいますよね。二日酔いになりやすい人と二日酔いになりにくい人には何か違いがあるのでしょうか?

二日酔いになりやすい人の特徴についてまとめてみました。

特徴1.食事をしないでお酒を飲む人

「お酒のつまみはお塩だけ」そんな渋い人も時々いますが、お酒を飲む前もしくはお酒を飲みながらでも食べ物を摂取しないと、二日酔いになりやすくなってしまいます。

理想はお酒を飲む前に何かを食べておくことです。お酒を飲む前に食べ物を摂取することで、胃の粘膜が保護されます。そうすると、後から摂取したアルコールの吸収が穏やかになるため、二日酔いになりにくくなるのです。お酒が好きな人の中には、食べないでひたすらお酒だけ飲み続けたいという人もいますよね。しかし、そのような人は、二日酔いになりやすい人といえるのです。

特徴2.水やスポーツドリンクを摂取しない人

アルコールを摂取した後は脱水状態に陥り、ミネラル不足になって、肝機能の働きが衰えます。肝機能が衰えるとアルコール分解能力が落ちて、二日酔いになりやすくなるのです。「カラカラに乾いた喉にお酒を流し込むのが最高」という気持ちは分かるのですが、水分を十分に取っていないと二日酔いになりやすくなってしまいます。お酒を飲むときは同じ量程度の水を一緒に飲むようにすると、アルコールの吸収がゆっくりになって、肝臓にやさしいです。

また、お酒を飲んだ後にスポーツドリンクを飲むのも、不足したミネラルを補って、肝臓の働きを助けてくれるのでおすすめです。お酒を飲んでいる最中や飲んだ後に、水分やスポーツドリンクを摂取しない人は、二日酔いになりやすい人といえるでしょう。

特徴3.遺伝や体質

残念ながらお酒の強い弱いは遺伝で決まるところもあるようです。

二日酔いの原因のひとつとして、毒性の強い「アセトアルデヒド」が分解されず、血中を駆け巡ることがあげられます。「アセトアルデヒド」が血中を流れることで、胃もたれや吐き気、頭痛や胸やけといった二日酔いの症状が現れてしまうのです。そのため、「アセトアルデヒド」を分解する酵素の強さが、二日酔いに大いに影響を与えます。つまり、二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」を分解する酵素が強ければ、二日酔いになりにくく、「アセトアルデヒド」を分解する酵素が弱ければ、二日酔いになりやすいということです。

肝臓の酵素の強さは遺伝で決まるところもあるので、元々の遺伝や体質的に二日酔いになりやすい人はいます。両親がお酒に弱い人は、二日酔いになりやすい可能性が高いでしょう。

ルイボスティーが二日酔いに効くと言われる理由

二日酔いを防止するためには、お酒を飲む量を調整すればいいと分かっていながらも、ついつい飲みすぎてしまうこともありますよね。「どうにかして二日酔いにならないようにしたい」と考える方は、ルイボスティーを飲む習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。健康にもいいと言われているルイボスティーを普段から飲んでいる人は、二日酔いになりにくいといわれているからです。

ここからは、二日酔いにルイボスティーが効果的といわれる理由について説明します。

理由1.ミネラルを補って肝臓の働きをサポート

お酒には利尿作用があるため、飲みすぎると水分やミネラルが不足してしまいます。ミネラルが不足すると肝臓の働きが衰えてしまうため、アルコールの分解能力も低下してしまうのです。

ルイボスティーは、豊富なミネラルが含まれている飲み物であるため、肝臓の働きをサポートしてくれます。ルイボスティーに含まれるミネラルで肝臓の働きをサポートすることで、二日酔いの原因といわれるアセトアルデヒドの排出が促されます。そして、二日酔いになりにくくなるのです。

理由2.活性酸素を排出し肝臓の働きをサポート

お酒を飲んだとき、アルコールは肝臓で代謝されますが、まずはアセトアルデヒドという物質に分解されます。このアセトアルデヒドが二日酔いの原因のひとつです。さらに、身体に増えすぎたアセトアルデヒドが分解されるときには、活性酸素がたくさん作られてしまいます。「活性酸素」は、増えすぎると細胞や血管にまで攻撃を与えるだけでなく、身体の老化を引き起こす物質ともいわれています。そして、この活性酸素は肝臓の働きを衰えさせ、アルコールの分解能力を低下させてしまうのです。

ルイボスティーには「SOD酵素」と呼ばれる成分が含まれています。「SOD酵素」は、必要以上に増えてしまった「活性酸素」を排出してくれることが分かっています。そのため、ルイボスティーの「SOD酵素」が活性酸素を排出して、肝機能の働きをサポートし、二日酔いになりにくくしてくれるのです。

【3番勝負!】ルイボスティーvsウコン、どちらが二日酔いに効果的?

二日酔いに効果があるといえばウコンが有名ですよね。お酒を飲む前にウコンドリンクを飲んで備えるという人も多いのではないでしょうか?ただ、ウコンは確かに二日酔いに効果があるといわれていますが、味が強くて苦手という人もいますよね。また、二日酔い防止のためのウコンドリンクは、お酒を飲む前に飲むことを推奨している商品も多いです。そのため、飲み会前に忙しく仕事をしている人の中には、いつも飲み忘れてしまうという人もいるでしょう。そのような人は、ぜひ普段からルイボスティーを飲んで二日酔いに備えてほしいところです。

ところで、「ウコン」と「ルイボスティー」は、どちらの方が二日酔いに効果的なのでしょうか?「ウコン」と「ルイボスティー」の二日酔いに関する効果のほどを比べてみました。

肝機能をサポートする効果:「ウコン」の勝利

アルコールは肝臓で代謝されるため、「ルイボスティー」や「ウコン」で肝機能をサポートすることが、二日酔い防止に役立ちます。「ルイボスティー」も「ウコン」も肝機能をサポートしてくれますが、効果の高さは「ウコン」の勝利といえるでしょう。

「ウコン」は、南アジアを中心に生息するショウガ科の植物ですが、クルクミンという成分が含まれています。クルクミンは、胆汁の分泌を促進させて、肝機能を強くしてくれる効果があるといわれています。そのため、お酒を飲む前にウコンを摂取することで、二日酔いが軽減するというのです。

また、強い効果があるゆえに副作用についても心配されているところです。ウコンの副作用としては、肝機能に異常がある人がウコンを飲みすぎると、肝障害を起こす可能性があるといわれています。はっきりと研究結果が出ているわけではないですが、肝臓専門医の間ではウコンに気をつけた方がいいという認識が広がっているようです。

一方で、ルイボスティーに関しては、ほとんど副作用もないといわれています。つまり、ルイボスティーの身体への作用は穏やかなのです。そのため、お酒を飲む前や飲んだ後だけグビッとルイボスティーを飲んでも、すぐに二日酔い防止の効果が出るとは考えられません。ルイボスティーが二日酔いに効果を発揮するためには、普段からルイボスティーを飲んでいることが前提になります。

二日酔い防止のための、即効性や肝機能強化の効果を求めるのであれば、ウコンの方が適しているでしょう。

脱水状態の改善効果:「ルイボスティー」の勝利

お酒を飲むと脱水状態になり、ミネラルが不足するため肝機能が衰えます。その結果、肝臓でのアルコールの分解がスムーズに進まなくなり、二日酔いの原因となってしまうのです。脱水状態の改善効果としては、言うまでもなく「ルイボスティー」の勝利です。

二日酔いのためのウコンドリンクには、水分はほとんどありません。ウコンドリンクを飲んだところで、脱水状態の改善効果は期待できないでしょう。お酒を飲んだ後、酔いさましにルイボスティーを飲む習慣を持ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、二日酔いに効果を発揮するためには、普段からルイボスティーを飲んでいることが前提です。お酒を飲んだ時だけルイボスティーを飲んでも二日酔いへの効果は薄いでしょう。ただ、お酒を飲んだ後に温かいルイボスティーを飲んでちょっと一息入れることで、脱水状態の改善に繋がります。また、ルイボスティーにはミネラルが豊富に含まれているため、水分と一緒に失われてしまったミネラルを補うこともできるのです。

活性酸素の排出能力:引き分け

お酒を飲んだとき、アルコールはアセトアルデヒドという物質に変えられ、アセトアルデヒドが分解されるときには、活性酸素がたくさん作られます。この活性酸素は肝臓の働きを衰えさせ、アルコール分解能力を衰えさせます。そのため、活性酸素が身体にたくさんあることで二日酔いになりやすくなってしまうのです。

活性酸素を排出すれば、肝機能の働きが促進されて、二日酔いになりにくくなりますよね。実は、「ウコン」と「ルイボスティー」には、活性酸素の排出する効果があるといわれているのです。

「ウコン」はクルクミンという成分に抗酸化作用があり、活性酸素を除去するといわれています。ルイボスティーには「SOD酵素」と呼ばれる成分が含まれていて、「SOD酵素」が必要以上に増えてしまった活性酸素を排出してくれることが分かっています。どちらの方が活性酸素を除去する作用が強いかは、比べるのが難しいため、引き分けということにしておきましょう。

二日酔いしにくい「ルイボスティーのカクテル」とは?

「ルイボスティーが二日酔いに聞くなら、いっそのことお酒と一緒に飲めばいいのでは?」と思った人もいるかもしれませんね。確かにルイボスティーはおしゃれなお酒にも合う飲み物ですし、ルイボスティーでお酒を割ることで二日酔い予防にも役立つでしょう。ルイボスティーが二日酔いに効果があると伝えつつ、ルイボスティー割のお酒を女性に作ってあげれば、紳士的な男性として評価も上がりそうです。

ルイボスティーは基本的には、どのお酒にも会うため、ジュースや水の代わりにルイボスティーを使ってみるとよいでしょう。自分に合うオリジナルのルイボスティーカクテルをぜひ作ってみてくださいね。参考までに、おすすめのルイボスティーカクテルのレシピを紹介します。

「カシスルイボス」の作り方

カシス:30ml
オレンジジュース:30ml
ルイボスティー:60ml

「ルイボスジン」の作り方

ジン:30ml
ルイボスティー:60ml

甘みを加えたい場合にはリキュールを適量足してみてください。おしゃれで美味しく、さらには二日酔い予防にもなってしまうルイボスティーカクテル、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

まとめ

本記事では、二日酔いの原因や二日酔いになりやすい人の特徴、ルイボスティーが二日酔いに効く理由についてお伝えしました。ルイボスティーを普段から飲んでいると、二日酔いになりにくくなるといわれています。二日酔いは、不快な症状が続いて仕事に集中できなくなるので、できればなりたくないですよね。忘年会や新年会といった飲み会が続く時期だけでも、ルイボスティーを日常生活に取り入れて、二日酔い防止に備えてみてはいかがでしょうか。

【編集部が選ぶ】おすすめのルイボスティーランキングTOP3

今月のおすすめ(2019年5月25日更新)

【第一位】H&F BELX株式会社

ルイボスティーとノンカフェインティー専門店「H&F BELX」では、50種類以上のルイボスティーやノンカフェインティーを取り扱っています。多くの芸能人やモデルにも愛用されており、雑誌などでも多く取り上げられています

こんな人におすすめ!

  • 有名人が愛用しているルイボスティーを飲んでみたい」という人
  • 様々なフレーバーを楽しんでみたいという人(バニラやミント、チャイやフルーツフレーバーなど)

【第二位】ロイヤルT(Healthwise)

日本で一番飲まれているルイボスティーとしても有名な「ロイヤルT」のルイボスティー!しっかりと煮出せば濃い味になるので、ルイボスティーのしっかりとした風味と味わいを感じたいのであればオススメの商品です!

こんな人におすすめ!

  • 一番人気のあるルイボスティーが良い」という人
  • (ルイボスティー本来の)濃い味わいをしっかりと味わいたい人

ロイヤルTの口コミ(東京都/40歳/女性)

私がよく使う通販サイトでも販売されていたので、もともとロイヤルTのことは知っていました。友人が勧めてくれたのが飲み始めたきっかけです。日本でも一番売れているルイボスティーということもあり、味・コスパともに文句なしだと思います。

【第三位】ティーライフ(ティーライフ株式会社)

南アフリカ産・JAS認証取得済みの有機栽培、また日本食品分析センターによる「水銀テスト」もクリアしている安心安全の茶葉のみを使用しています。ネット上での評判も高く、初心者でも飲みやすいスッキリとした味わいが人気のルイボスティーです。

こんな人におすすめ!

  • 飲みやすさを重視したい」という人
  • 茶葉の質にできるだけこだわりたい人

ティーライフの口コミ(埼玉県/45歳/女性)

(ティーライフのルイボスティーは)ネット上の口コミで良い評価がたくさんあり、楽天市場でも1番売れていたので安心して購入できました。水出しよりも煮出した方がルイボスティーの成分を摂取できると聞いて、いつも20~30分ほど煮出してから飲むようにしています。

-効果・効能

Copyright© ルイボスのひみつ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.