現役ナースが教える!アンチエイジング・健康長寿・妊活のミカタ【ルイボスティー】の専門サイト♪

ルイボスのひみつ

効果・効能

【知っ得】ルイボスティーが更年期症状にも効果的!おすすめの摂取方法とは?

投稿日:

ルイボスティーが更年期症状にも効果的!おすすめの摂取方法とは?

更年期の症状とは?

更年期症状と聞くと、40代後半から50代女性に多く発生するものとされていますが、そもそも「更年期の症状」とはどんなものなのでしょうか?

日本人女性の平均閉経年齢は約50歳とされています。12ヶ月間生理がこない状態が続いた後、閉経前後の5年間を合わせた10年間を更年期としているんです。40代後半で閉経する人もいれば50代後半で起こる人もいるので、ひとえに50代とは言えませんね。

更年期症状が起こる理由とは?

女性は年齢を重ねるに連れて女性ホルモンの分泌に変化がおこります。50代くらいになると卵巣機能が低下し、卵胞ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が急激に少なくなり閉経を迎えるのです。すると、脳ではエストロゲンをもっと出すように卵巣に指令を出します。しかし、いくら信号を送っても分泌されないため脳では混乱が…!すると、自律神経に影響を与え様々な症状を引き起こすと考えられているんです。他の病気に伴わない症状を「更年期症状」と言い、その中でも日常生活に支障をきたすものを「更年期障害」と呼んでいます。

更年期症状はどんな人に起こりやすいの?

日本人女性の平均閉経年齢は約50歳ですが、個人差がとても大きいとされています。また、更年期の症状も軽い人もいれば重い人も…。この差は一体何なのでしょうか?その理由を探ってみましょう。

血流が良くない方

女性は加齢とともに女性ホルモンの分泌量が減っていきます。35歳で5万個あった卵胞は、40歳で5千個まで一気に減少します。50歳にもなると千個まで減ってしまうのです。ただでさえ少なくなっていく女性ホルモンですが、血流が悪い人は更に要注意!血液は、栄養や酸素を身体に送るだけではありません。脳から卵巣にホルモン分泌を促す信号伝達にも大きな役割を担っているのです。もしも、血流が悪いと子宮や卵巣まで十分に栄養が届かなくなってしまいますし、女性ホルモンの分泌も悪くなってしまいます。血流をよくすれば、たとえ女性ホルモンの分泌が少なくても栄養や脳からの指令が十分に届くため日常生活まで支障をきたすような更年期症状に悩まされることは少ないでしょう。女性は冷え性も多く血流が悪くなっている人が多いので、身体を温め血流レベルをあげていくよう心掛けて下さいね。

ストレスを感じやすい人

脳の視床下部という箇所から卵巣へ「エストロゲンを分泌しなさい」と指令を送っています。しかし、年齢とともにエストロゲンが減っていくため脳からいくら信号を送ってもたくさん分泌されません。すると、視床下部では混乱をきたします。視床下部は自律神経にも影響を与えるので、ストレスを感じやすい人はうつ病などの重い症状に陥る場合も…。ストレスを感じやすい方やイライラしやすい方はより注意が必要です。

環境の変化

更年期の50歳代前後は、子どもが成人したり親の介護、職場環境や地域との関わり合いなど大きく環境が変わる傾向です。これまでとは違う環境に身体だけでなく心までも大きな負担がかかってしまいがち。既に②のストレスを感じやすい人でも説明したように、こころの変化は自律神経に影響を及ぼします。エストロゲンの減少と環境の変化がプラスすることで、バランスを崩し更年期症状を発症するとも考えられているようです。

このように、エストロゲンの分泌量が減るのと同時に身体的・環境的要因がプラスされると更年期症状が起こりやすくなるようです。では、更年期症状とはどんなものがあるのでしょうか。

参考文献1:公益社団法人日本産科婦人科学会「更年期障害とは」
参考文献2:キャリアマムHP「女性のからだ」より
参考文献3:一般社団法人日本女性心身医学会「女性の病気について」

更年期の症状にはどのようなものがあるの?

40代後半に入って急に「なんとなく身体がだるいな」とか「最近よく汗をかくようになった」など、体調に変化を感じることはありませんか?もしかしたら、それらは更年期症状のひとつかもしれませんね。更年期の症状は、実に数百種類にものぼるとされていますので、自覚症状を感じないまま更年期を終えてしまう人もいるんです。ここでは、女性に多く出る症状を紹介します。

ホットフラッシュ

更年期症状の最も代表的な症状が「ホットフラッシュ」。以前までは汗をかかなかったのに急にかくようになったり、上半身がのぼせたり、ほてりを感じるようになったりします。頭や顔だけ急にびっしょりと汗をかいたり、上半身だけ熱くて仕方がないなど更年期世代に多く見られる症状です。

めまい

ホルモンバランスが乱れて自立神経に影響するとめまいが起こりやすくなります。しかし、めまいは他の病気も潜んでいる場合があるので、立っていられないほどのめまいや天井がぐるぐる回っているなどの症状は必ずお医者さんに診てもらいましょう。

肩こり・腰痛

50歳をすぎると慢性的な肩こりや腰痛に悩んでいる女性が多くいらっしゃいます。年齢とともに筋肉や骨の機能が低下していることによって起こると考えられています。カルシウムやミネラル、ビタミンを積極的に補給して骨密度を上げていきましょう。

関節の痛み

女性ホルモン「エストロゲン」が減少すると、関節を支えている軟骨や筋肉が衰えてしまいます。すると血液の循環も鈍くなり関節痛が生じるようです。また、骨の組織がもろくなると骨密度が減少し「骨粗鬆症」の原因にもなります。

他にも疲れやすい、気分が落ち込んだり、イライラしたり、よく寝られなかったり様々な症状が見られます。ただし、あまりに酷い場合は他の病気が潜んでいることも。また、日常生活に支障をきたす場合は「更年期障害」になっているケースもあるので、一度お医者さんに相談してみましょう。

若い人も起こるの!?若年性更年期障害とは

更年期は50歳代前後が平均とされているため、20代30代の若い女性には関係のないものと思われるかもしれません。しかし、現在「若年性更年期障害」に悩まされている若い女性もいるのです。若年性更年期障害は、職場や学校でのストレス、過激なダイエットなどからホルモンバランスが崩れ次のような症状がおこると考えられています。

若年性更年期障害の主な症状

  • 生理不順
  • めまい
  • 手足の冷え

通常の更年期障害と同様に女性ホルモンの分泌が関わっているので、ホルモンバランスを整えることが大切でしょう。

参考文献1:厚生労働省 女性の健康推進室ヘルスケアラボ「ホットフラッシュ」
参考文献2:花王ヘルスケアナビ「肩こりや腰痛は更年期のせい?」
参考文献3:更年期ラボHP「更年期の症状 関節痛」
参考文献4:ドラッグユタカ ゆたか倶楽部「若年性更年期障害について」

ルイボスティーが更年期に効果的な理由

更年期の女性が数々の症状で悩んでおり、症状が重いと日常生活も思うように過ごせなくなってしまいます。少しでも今の症状を緩和させるためには「ルイボスティー」がオススメ!ルイボスティーには、ミネラル、マグネシウム、亜鉛などの栄養素が豊富に含まれています。また、抗酸化作用も高く女性ホルモンの「エストロゲン」が減少している更年期の方には是非飲んでいただきたい飲み物なんです。

ルイボスティーに含まれている効能とは?

ルイボスティーは、カフェインフリーで栄養価が高く小さなお子さんから高齢の方まで、また妊娠授乳中の方でも安心して飲むことのできる飲み物です。こちらでは、更年期症状に効果的なルイボスティーの効能や成分とその効果を紹介します。

増えた活性酸素を取り除く抗酸化作用

ヒトの身体にウィルスや細菌が入ると、血液中の白血球がそれらの攻撃から守るため活性酸素を作り出します。活性酸素はウィルスや細菌に作用しますが体内で増えてしまうと、骨や内臓、皮膚などのあらゆる場所にダメージを与えてしまうのです。結果、老化や癌、生活習慣病を引き起こすと言われています。更年期を迎えると抗酸化力のある女性ホルモン「エストロゲン」が減少。活性酸素が増え更年期症状が悪化してしまいます。そんな時、抗酸化作用のある酵素が入ったルイボスティーを飲み続けることにより活性酸素の動きを止め、更年期症状を緩和させてくれるのです。ヒトの身体の中で作られる酵素には限りがあるので、外から補う必要があります。ルイボスティーは、ノンカフェインでどんな方でも安心して飲める飲み物です。更年期症状に悩んでいる方は普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考文献1:心と身体をイキイキさせるwebマガジン これカラダ!「更年期障害にも効く!?ルイボスティーが女性にいい理由5つ」
参考文献2:医療法人ソフィア ソフィアレディスクリニック&不妊センター「更年期での活性酸素対策とは何のことでしょうか?」
参考文献3:一般社団法人日本女性心身医学会「女性の病気について」

ルイボスティーに含まれる成分と更年期症状への効果

ルイボスティーは栄養が豊富な成分がたくさん含まれていますが、こちらでは更年期症状に効果のある成分を紹介します。

亜鉛

亜鉛が不足すると女性ホルモンの分泌量が少なくなったり、脳の機能が低下してしまいます。更年期はただでさえ女性ホルモンが少なくなるうえに、女性ホルモンの分泌を指令する視床下部が混乱しやすい状態です。視床下部は自立神経に影響するため、更年期症状が重くなるとうつ状態にも陥ることも。脳の機能や精神安定作用もある亜鉛は、更年期症状の悪化を防ぐうえで必須の成分と言えますね。

カルシウム

更年期に入ると、丈夫な骨を作るホルモン「エストロゲン」が減少します。骨密度が減少し骨が歯がもろくなり、骨折したり歯が抜けてしまうことも。女性が年を重ねると「骨粗鬆症」になりやすいのは、エストロゲンが減っているからこそ起こる現象なのです。ルイボスティーには、丈夫な骨を作るミネラル「カルシウム」が豊富に含まれています。女性ホルモンとも密接に関わっているカルシウムは、日頃から積極的に摂取する必要がありますね。

マグネシウム

マグネシウムは、カルシウムの吸収を助け丈夫な骨や歯を作るのに必須の成分です。よって、骨粗鬆症の予防にはカルシウムと同様に大切なミネラルのひとつ。マグネシウムが不足してしまうと骨組織からマグネシウムの5倍ものカルシウム量と一緒に体外へ放出されてしまいます。ルイボスティーにはマグネシウムも豊富に含まれているんです!ルイボスティーで丈夫な骨を維持し更年期症状の悪化を防ぎましょう。

ルイボスティーには、更年期症状を緩和させる抗酸化作用やミネラルが豊富です。過剰に飲まなければ、基本的には副作用はありません。安心して飲んで頂けますよ。

参考文献1:グリコ 「亜鉛の効果・効能。男性にも女性にもメリットがたくさん!」の「うつ状態の緩和」より
参考文献2:漢方薬舗花緑堂「ミネラル不足は女性ホルモンの分泌を低下させ、生理痛・生理不順を引き起こす」
参考文献3:心と身体をイキイキさせるwebマガジン これカラダ!「更年期障害にも効く!?ルイボスティーが女性にいい理由5つ」

効果的なルイボスティーの摂取方法とは?

ルイボスティーに含まれる抗酸化作用をアップさせて飲むと更年期症状により効果的です。オススメの飲み方を紹介します。

抗酸化力をアップさせる方法

  1. 茶葉を土瓶で最低10分間煮沸する
  2. ティーバッグは冷めるまで待つ
  3. 肉や魚をルイボスティーで煮る
  4. ルイボスティー風呂に入る

ルイボスティーの茶葉を最低10分間煮沸させると抗酸化力がアップするとされています。もし、ティーバッグを使用する場合は、温かいままで飲むよりは冷めるまで待って飲むと成分が十分に抽出されるのでオススメ。また、ただ飲むだけですと飽きてしまうこともあるので、時には料理に使ったりルイボスティー風呂に入るのも良いでしょう。

ルイボスティー以外に更年期症状を改善させる方法とは

ルイボスティーを飲む以外にも更年期症状を改善させる方法はあるのでしょうか。栄養バランスの良い食事や適度な運動、気分をリラックスさせることが更年期症状を緩和させる方法とされています。今のあなたの生活環境はいかがですか?偏った食事や運動不足、毎日イライラしたり...そう感じている方は、できることを今日から少しずつ改善させてみませんか!?

大豆製品を多く取り入れた食事

塩分が少なめの栄養バランスの整った和食がオススメ。特に納豆や豆腐に含まれる大豆は、女性ホルモンと似た働きをもつ「大豆イソフラボン」が含まれています。タンパク質やカルシウム、食物繊維も豊富なので、腸内環境を改善し骨を強くしてくれますよ。大豆ばかりをとるのではなく、野菜や肉,魚などを合わせて食べるようにするとより効果的です。

30分間の有酸素運動

有酸素運動は、酸素を取り入れながら全身の筋肉を強くしてくれます。30分以上行うことでより効果が出やすいとされています。しかし、日頃運動を全くしていない方が突然激しい運動するのは身体には決っして良くはありません。ゆっくりと散歩からスタートしてみてはいかがですか?

オススメの有酸素運動

  • 散歩、軽いジョギング
  • サイクリング
  • ヨガ
  • 水中歩行

アロマテラピーでリラックス

更年期症状でイライラしたり落ち込んだ気分になってしまう人が多くいます。そんな方にオススメなのが、アロマテラピーです。更年期によってエストロゲンが減少し女性ホルモンのバランスが乱れていますので、エストロゲン様作用を持つエッセンシャルオイルが効果的!特に下記の2つのエッセンシャルオイルは、研究でもエストロゲン濃度が増加したものです。

  • ローズオットー
  • ゼラニウム

上記以外にも自分の好きな香りを嗅ぐことでリラックスもできますよ。アロマテラピーは自然療法ですが、高血圧などの持病をお持ちの方は使用前に必ずお医者さんにご相談下さいね。

日常生活にも支障をきたす場合は「更年期障害」になっていることも。その場合は、お医者さんの判断によるホルモン治療や漢方薬処方などの医療的ケアが必要になるかもしれません。症状がひどい時は、自己判断はせずに必ずお医者さんに診てもらいながら、しっかりとケアしてくださいね。

参考文献1:更年期ラボ 「更年期の対策」
参考文献2:ウーマンエクサイト「精油でも女性ホルモンが増える!?更年期障害の緩和も期待【最新研究】

まとめ

今、50代前後の多くの女性が更年期症状に悩んでいます。女性ホルモンが減少し、突然汗を多量にかいたり上半身が熱くてのぼせたり…。そんな症状の緩和に一役かってくれるのが「ルイボスティー」です。ノンカフェインなうえに、抗酸化力が強く更年期に不足がちな成分がたっぷりと入っています。運動や大豆製品などを主とするバランスの取れた食事にサプリメント補給など様々な方法で改善できますが、どれも継続するには面倒ですよね。ルイボスティーはお湯を注ぐだけ!あなたの生活にも簡単に取り入れることができますよ。これまで悩んでいた更年期症状を、今日からルイボスティーで改善させてみませんか?

【編集部が選ぶ】おすすめのルイボスティーランキングTOP3

今月のおすすめ(2019年5月25日更新)

【第一位】H&F BELX株式会社

ルイボスティーとノンカフェインティー専門店「H&F BELX」では、50種類以上のルイボスティーやノンカフェインティーを取り扱っています。多くの芸能人やモデルにも愛用されており、雑誌などでも多く取り上げられています

こんな人におすすめ!

  • 有名人が愛用しているルイボスティーを飲んでみたい」という人
  • 様々なフレーバーを楽しんでみたいという人(バニラやミント、チャイやフルーツフレーバーなど)

【第二位】ロイヤルT(Healthwise)

日本で一番飲まれているルイボスティーとしても有名な「ロイヤルT」のルイボスティー!しっかりと煮出せば濃い味になるので、ルイボスティーのしっかりとした風味と味わいを感じたいのであればオススメの商品です!

こんな人におすすめ!

  • 一番人気のあるルイボスティーが良い」という人
  • (ルイボスティー本来の)濃い味わいをしっかりと味わいたい人

ロイヤルTの口コミ(東京都/40歳/女性)

私がよく使う通販サイトでも販売されていたので、もともとロイヤルTのことは知っていました。友人が勧めてくれたのが飲み始めたきっかけです。日本でも一番売れているルイボスティーということもあり、味・コスパともに文句なしだと思います。

【第三位】ティーライフ(ティーライフ株式会社)

南アフリカ産・JAS認証取得済みの有機栽培、また日本食品分析センターによる「水銀テスト」もクリアしている安心安全の茶葉のみを使用しています。ネット上での評判も高く、初心者でも飲みやすいスッキリとした味わいが人気のルイボスティーです。

こんな人におすすめ!

  • 飲みやすさを重視したい」という人
  • 茶葉の質にできるだけこだわりたい人

ティーライフの口コミ(埼玉県/45歳/女性)

(ティーライフのルイボスティーは)ネット上の口コミで良い評価がたくさんあり、楽天市場でも1番売れていたので安心して購入できました。水出しよりも煮出した方がルイボスティーの成分を摂取できると聞いて、いつも20~30分ほど煮出してから飲むようにしています。

-効果・効能

Copyright© ルイボスのひみつ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.